プーリア州: 美しいビーチと中世の村

で: ハビエルBrandoliの (テキストと写真)

旅行

旅行者は、未知のイタリアのために長い道のりが始まった. ナポリからラ·プーリアへ. より 500 伝統的な観光ルート外の風景を通過する車キロ. 我々は、より多くの農村イタリアに向かっている, 海に接続し、離れて外国人観光客の大群から. 最初のギリシアの入植地のイタリア, 家庭料理の, 岩や砂浜のムーディー·ブルース, masseriasの (大きな魅力のコテージ), 地中海, せずに. ターゲットは、 "ブート"のかかとに到達し、その非表示を発見するためにイタリア人は夏に行く場所です。. 旅行の残りのすべての側面にはカメラなし; イタリアう, の場合.

旅は高速道路のために上である (いくつかの通行料を払わなければならない, しかし価格は高くありません). バーリへのフライのような他のオプションがありました (プーリア州の州都), しかし、旅行者は、イタリック半島の南東部を通過し、また、ナポリ周辺を知ってターンを取ることにしました. 途中で, とプーリア, 3つの集団間の, バルレッタ, トラーニYモルフェッタ, あなたは聞いたことがあるから. ターンではそこに停止する時間を持っている (あなたがイタリアで見た中で最も美しい村の一つに直面する可能性があることをその後知りません).

Viajes a Italia. Una manera diferente de viajar

二時間後にスペインから選択された宿泊施設に到達する, 農場Pand'Amuri, とSpecchiaの. サレントのすべての領域でこのような住宅の数十があります。 (かかと). それはこれらの施設の1時間の場所を予約することが重要である, いくつかの家屋が魅力に満ちているので、, が、その場所は限られています. マッセリアは "アグリツーリズモ"の建物です: 古い建物が修復, しばしば自分の歴史を持つと静かな場所に位置し、. ボルゴCardiglianoは、その記述を満たす; 独自の教会を持っている, プールとレストラン, より多くの絵のような宿泊施設があるかもしれませんが. 私はオンラインを見て、多くのオプションを選択するように助言. Otra opción que no falla es buscar casa en la web hundredrooms que te compara decenas de páginas y sus ofertas a la vez.

食べ物, 一週間の間に旅行者をチェックする時間は、この土地に発生しますた, おいしい, 偉大な価格で家庭や常に.

ミラー サレントの中心部に位置する小さな村です。. 途中でイオニアとアドリア海の間に. 町は中世のイタリアの魅力を維持: 古い広場につながる傾斜した狭い路地, れている美しい教会があります, シティホールとは通りのネットワークを見て食事をするいくつかの小さなレストラン と自分の家のドアに自分の椅子を残す古い地元の人々の必然的なイメージを持つ時間の遅い通路は他の人の出入りを監視する. ディナーの価格, サレントからワイン, イタリアで最も安いと、彼はこの地球上で旅行を味わった最高の1, いずれにしても超えてはなりません 60 ユーロ二人 (私の周りであることを得る 30). 食べ物, 一週間の間に旅行者をチェックする時間は、この土地に発生しますた, おいしい, 偉大な価格で家庭や常に.

最初の旅行者が決定した知っている, イタリア人の間で有名な, サレント地方のビーチ. それはガリポリに行く, イオニア諸島の海を旅を開始するから観光地. 半島のビーチのこの部分に白い砂を持っており、一部の人々でいっぱいです. 絶望しないでください, 車に見て、人通りの少ない場所を選択する必要があります。. 道路標識の偏差を確認するにはいくつかの "マリン"は小さな椅子に座って海口とプライベート用の傘の賃金です。. 良い選択, そこに少数の人々であり、太陽と海の素晴らしい一日を楽しんだので、. トーレMozzaの内, 最南端の, サンタマリアディレウカアドレス (ヒールの先端) 昼食のために停止するの岩の美しい入り江があります. しかしながら, 私の推薦は、様々なビーチで走行車であると彼らが好きなものを選択.

石の間に数メートルと置いてタオルを歩く入力する必要があります, しかし、努力する価値のある澄んだ水.

サンタマリアディレウカ、美しい街から- 北へ, 異なる風景オトラントの葉に至る海岸道路. アドリア海は明らかである, さまざまな色や岩の多い入り江の. これは、バレアレス諸島やコスタ·ブラバで最高のビーチのようなものになるだろう, あなたは近くの参照したい場合. 石の間に数メートルと置いてタオルを歩く入力する必要があります, しかし、努力する価値のある澄んだ水. ここ, ポルトTricase Novaglieのマリーナ、彼らはおいしく食べる、海に近いいくつかのレストランの町の間に (スペインではバーのようなものになるだろう).

オトラントとレッチェ

サレントの壮大な海岸線に加えて, 旅行者は、2つの歴史的な町を訪問しに行く. 最初の, オトラント, 衝撃的な驚きです。. 城郭都市, 海に接続されている, その壁と小さなレストランやお店でいっぱいの狭い石畳の通り、数十の下に小さなポートを持つ. 同じ壁にあるバーで飲みに夜のための最適な場所, 海岸に. 港の夕日, 太陽は旧市街に落ちる, 目覚まし時計は、賑やかな街の夜の楽しみ始めるにはうってつけです。.

レッチェ, しかしながら, その純粋な歴史と芸術です。. 南のフィレンツェと呼ばれる, 市内は、重要な芸術的遺産を持っている, 彼バロックスタンド. 伝説はトロイ戦争の時に設立されたと言う, その後Sybarとして知られている. 街の台頭が15世紀に来た, それはスペインの支配下にあったとき. あなたは、ローマの円形競技場や列を見ることができます (街のシンボル) 第二世紀紀元, とドゥオーモ広場·ディ·ナポリとポルタ. すべての歴史的中心部では、ゆっくりと見学に値する, 少なくとも, 日.

旅行者, 地域全体の旅行の最初の3日間は続けた後、, サレントは特別な場所であることを理解, 海の定着の文化や乾燥した地中海フィールド. イタリアでは、別のあるよう: ない大都市ません, 避けられないやモニュメント, しかし、すべては完璧な静けさと穏やかなを作る. アルプスの向こう側の国の愛好家には必見です.

トラニ. 完璧な美しさ

土壇場で, 前方に一日私たちはイタリア人の友達について話した3つの中世の町を訪問するためにナポリに戻りました. Trani, モルフェッタとバルレッタです。 30 バーリのキロ北, 途中でナポリとサレントの間に. モルフェッタとバルレッタは、美しい歴史を持つ2つのサイトです, 歴史トラニ晴らしいビーチが染み込んで. Trani, 私は最後の訪問, ただ, 宝石. 魅力の完全な場所, 大聖堂に必然的につながる古い通りや石造りの建物, からのデート 1.150. 単一の背の高い塔を想像してみてください, アークに従う, その "前"にロゼットと、その色合いの小さな石の歩道橋で船に取り付けられた. その基盤の下に海のビート, スケルトンは、小さな港を隠す曲線で彼女の小さな道が残され, 南の入り口にマークを付け、別の教会. に対して発送, 漁業やレクリエーション, キャンドルの小さなレストランが並んでいます どの味の海からの新鮮なシーフード料理. 唯一の旅の価値トラーニを知ることにより. それはほぼ完璧なはがき. その後, と戻ってナポリへ, 旅行者は、彼の目に忘れられないイメージの数を突入.

昼寝

あなたはMasseriaを選択する必要があります。. あなたは、Webページで広い範囲を見ることができますwww.salentoviaggi.com (アグリツーリズムをクリックしてください); www.salentolink.com O EN www.salentonet.it. オファーが変化し、価格が範囲ですから 50 と 200 ユーロダブルルーム. 領域が小さい, ので、私は車の中でそれを横断する問題はありません. 我々はホテルボルゴCardiglianoで寝, とSpecchiaの. 電話: (+39) 0833 539 599

テーブルセット

リストランテFicarignaで本質的なディナー, とSpecchiaの. 彼らのパスタは美味しいですし、テラスでficarignaディナー, キャンドルの間に, 忘れられない. 電話: (+39) 0833 535398 と携帯電話 (+39) 3290676858. アドレス: グラツィアデレッダ号を経由して 2. に過ぎない 30 につきユーロ.

"海上のリストランテ"オトラントのポート, 壁の下で, 別の良いオプションです。. 一般に, 食べ物が良いと自家製です。. サレントのワインは安価で非常にお勧め.

強くお勧めし

飲料: 出たい人のための, オトラントの活気あるナイトライフがあります. バーCiátara, バスティオンデイPelasgiに接続されている路地で, 良いスタートをすることができます. 小, 最初の一杯のワインを取るための路上には4つのテーブルを持っているか、または. ライブ音楽. その後、, 壁に, 遅くまで様々な音楽会場があります。. 強く推奨.
Tricaseポルトにあなたが夜遅くまで酒を取ることができるいくつかのウォーターフロントのバーもあります. ガリポリも素晴らしい雰囲気を持っています.

検索:

  • Facebook
  • LinkedIn
  • Twitter
  • Meneame
  • Share

コメント (15)

  • エレナ鉄環絞首刑にする

    |

    私はサレントで一年前だった: ビーチは壮大なことは事実です, トラブルが時々イーサンいっぱいということです. 我々はより多くの静けさのためにアドリア海の入り江を見つける必要があります. おめでとうございます. 美しい思い出

    回答

  • スサーナ

    |

    こんにちは私の名前はポーズが私Sandonato発信レッチェの写真を何枚か送るかどうかを確認したいアルゼンチンのガビ·アムは私の祖父が生まれた町で、私は母のFacebookを使っている私の祖父は、アルゼンチンに来て、私はconoser大好きだ戻ってきたことはありません

    回答

  • ザビエル

    |

    ガビこんにちは,

    私は、サン·ドナート·ディ·レッチェの写真を持っているので、申し訳ありませんがあなたを助けることはできません (私はそれがその場所であることを理解). 私はサレントの美しい土地に旅したときに私もそれを通り抜けた (そこに行うにはあまりにもだと私はわずか9日間であった). とにかく, 検索ボックスのGoogle, あなたはサン·ドナート·ディ·レッチェを入力し、画像をクリックすると、町のほんの一部です. 好奇心, なぜスサナとして確固たる?
    挨拶
    ハビエルBrandoliの

    回答

  • ナタリア

    |

    ハビエルこんにちは,情報のおかげで, 今週はこの夏我々, 私たちはガリポリでアパートを借りて、我々は、ビーチや村を訪問し情報を収集しようとしている.
    今のところ我々は、本質的なポルトBadiscoを持っている , アルベロベッロ, レッチェ。.
    私は、ビーチはプライベート良好であるというコメントを読む, それが本当ならあなたが知っているキャンプ場やretaurantesに属する?.

    よろしく,

    ナタリア

    回答

  • ザビエル

    |

    1, 多くはプライベートです. いくつかのチケットを支払うと岩の上にデッキチェアーを持っている. 公共そこも混んでいる, しかし、いくつかの魅力があります. リフトはスペイン語のビットです。, しかし、イタリア人で混雑しているの恵みと. どんな場合でも, 車からは、岩の多くの小さな入り江が表示されます。. 彼らはきれいだ. ダウン彼らに.
    私は、あなたが夜オトラントに行くお勧めします. それは賑やかなナイトライフがあり、港近くの城壁の街は魅力があります. どんな場合でも, また、あなたの知覚によって運び去ら, 海岸は非常にいいです.
    P.D. あなたは、バーリの近くにある場合, トラーニは夜に停止する. これは必見です. 教えてください.

    回答

  • ローラ

    |

    soy una agencia que lleva la puglia en exclusiva para españa si quieres informacion de puedo ayudar.

    回答

  • |

    こんにちは. Quiero hacer una ruta de unos 12 dias por La Plugia en agosto y m gustaria saber que sitios merecen la pena en estos 12 dias. Que es lo imprescindible. Donde merece la pena alojarte para luego moverte y recorrer la zona. O si es conveniente alojarte en dos o tres sitios y desde ahi barrer la zona. 感謝.

    回答

  • ハビエルBrandoliの

    |

    Hola Pilar, nosotros te ofrecemos aquí una ruta, que es la que yo hice, pero hay todo tipo de opciones. La comarca es pequeña y con coche se accede a todo. どんな場合でも, verás en el reportaje (en el medio) el banner de una empresa que está especializada en la zona. No sé cómo trabajan, se anunciaron con nostros hace unos años, pero me parece que son especialistas en La Puglia y quizá pueden ayudarte al menos con tener buenos alojamientos. よろしく!

    回答

  • sohbet

    |

    I have visited your site I enjoyed . CPC labor health review leaves in it , I thank you very much

    回答

  • kamerali sohbet

    |

    thank you very much for your site is really impressive reviews

    回答

  • MARIA NIEVES PEREZ RAMOS

    |

    こんにちは: 我々 5 人, queremos ir a finales de Sep. a la Puglia por nuestra cuenta. Hay algún medio de transporte o Tours desde los hoteles para no tener que conducir??????? En caso de que tengamos que conducir hay buenas carreteras?????

    回答

  • ハビエルBrandoliの

    |

    Hola María Nieves, mira con la web que se anuncia en este post y que está especializada en Puglia: http://www.viajaralsur.com

    回答

  • イザベル

    |

    Hola javier,
    Gracias de antemano por la información aportada.
    quiero ir este verano a conocer la zona pero no tengo coche ni conduzco.
    Te parece una imposibilidad grande? sabes si el transporte interno funciona más o menos bien? Son grandes las distancias?
    と, si fuera asÍ podrías indicarme un pueblito no muy saturado donde quedarme?
    おかげで再び!

    回答

  • ハビエルBrandoliの

    |

    Hola Isabel, no sé decirte. Hay un link de una empresa, creo que están en Barcelona: http://www.viajaalsur.com Pregúntale a ellos que son especialistas en la zona. Yo lo hice en coche alquilando en Nápoles.
    Sds

    回答

  • billige fotballdrakter

    |

    LinaZera fotballdrakter ban VilmaOls GilbertS magliette calcio FlossieD PhoebeMo
    fodboldtrøjer børn Claypyny AnhAfjud billiga fotbollströjor Chauncey

    回答

コメントを書く

最新のつぶやき

RT @ Viajespasado: Este reportaje de cientos de desplazados por violencia en Chiapas lo hice en febrero para El Mundo. Dejé el periódico vol…

martin pelle martin pelle

RT @ Viajespasado: Este reportaje de cientos de desplazados por violencia en Chiapas lo hice en febrero para El Mundo. Dejé el periódico vol…

Mònica de Cossio モニカCossio