ノーヒョウマン薬で治療

で: マリア·フェレイラ (テキストと写真)

二年間その最初の患者の後, 私は、同じクエリであった. 夕暮れ.

- それは雨を望んでいる (雨のように見える)- 前記 Ndung’u.

-Iは徒歩つもり (私VOY)- 挑戦.

llegarで自宅浸したかった. 私たちは怠け者だと、彼は聞いて同じように悲鳴はライトをオフにする. 4人の中では男の出血をもたらした. 彼は窓を通って行くためにボディをカットしていた.
AviséNdung'u, それは立っていた, 患者を見て, 少し笑って. 二つの看護師が来ました, 恐ろしい, それらを見たことがなかった提出と. 心地よいを調製し始める. 患者を薬で治療する必要がありました、これは他の患者に害をすると脅していること, 彼らは待っていた- Ndung'u様や看護師- そのケニアの村で異例の沈黙の中でのシーンを見て.

看護師の一つは、ささやき “あなたが測定値を読み取る場合は、電源のSUを失う”

私は、注射器を取った, 私は懸命に飲み込んで勇敢な少女のように患者に接近. これは、空気でスナップ, しかし、バックアップされません. 私は負傷されずに鎮痛剤を注入するより近くなるように最小距離を計算. その後Ndung'uは私たちの間に来ました, 笑みを浮かべて.

-しないでください- 私の注射を取ってささやいた.

-しかし、危機に!-抗議.

-それは通過するだろう- コンテストNdung'u.

-前に沈静化していない場合、我々は傷を癒すことはできない- 私は何も理解していない.

私たちを見つめて看護師. 患者はまだ彼を開催し、男性から脱出しようとしていた. そのうちの一つは、ささやくようになった:

-あなたが測定値を読み取る場合は、電源のSUを失う.

看護師はNdung'uに近づい, 内気な, そして地面から注射器を空に, 血滴と.

-恩赦?- びっくり尋ね.

-それはヒョウになるための力を持っている, 愚かな女の子の看護師が説明し始めた- Siのル医療suが力を失う. 私は傷を癒すためにしたい, それだけで.

“それはヒョウになるための力を持っている, おばかな女の子”, 説明するために開始されます

私は一般的な笑いを待っていた. 不信. しかし、単にすべてを充填恐ろしい沈黙があった。Ndung'uはうなずいと相談件数4人に男性を入れて. 私はそこにロックされ. 彼らは、彼は家具に対して打つ方法を聞いた, どのように薬瓶を強打.

-力を失う- 看護師は説明した- 次に我々は中に行くと治る.

私はNdung'uを説得しようとしている2時間を過ごした, 異なるイデオロギー求愛方法と, 科学的方法を適用する必要性について. Ndung’u sonreía, 単に, 私はスピニング、各ランブルは相談4番から出てくると必死になっていた間に.

私は途方もなく失敗したと感じました。夜が来た. 患者ヒョウの女性と私が時折見えた

男の妻は後に到着しました, Ndung'uは出ようとしていた時. それは、果物や毛布でロード来た, 廊下に一晩滞在するふり. 私のような, ダムは、私がドアに座って入力するようにノイズを停止するだけで待機した疲れ. にログインし、次に何. 私はわからなかった. 私は途方もなく失敗した感じ.
夜が来た. ハエは蚊に置き換えられました. 患者ヒョウの女性と私が時折見えた.

-必要?- 女性は私にバナナを手渡した。私が受け入れられ、私はアプローチを取りました.

-それはあなたの夫を静めるかもしれない- 私は- あなたが良い気分にさせるかもしれませんし、我々は、すべての家に帰ることができ.

女性は微笑ん. “なぜ落ち着くべき?”, 私は尋ねた。私は沈黙の中で噛ん.

-あなたは怒ってません, 病気で- 女性は話を続けた。笑った, 敗北を受け入れない誰かの誇りに思ってその攻撃性と.

-あなたはあなただけを参照してください何かから私たちを救うためにここにいると思う- 女は続けた- しかし、本当にあなたが非難している. 病気になる.

私は立ち上がって、ベンチに横たわり. 私は悲しかった。. 突然、私はすべてを嫌っ. 突然、私は彼らの心を振るしたい, 地雷を理解するために振る. 私の思考で失わや蚊の羽の羽ばたきによってだまさ, 私は眠りに落ちていた.

突然、私は彼らの心を振るしたい, 地雷を理解するために振る

オンドリは五時に目が覚めた. 女性の果実袋と毛布はまだそこにあった, しかし、彼女の兆候はありませんでした. 私はトイレに行ったであろうと想定. 私は急いで気の利いた小さなパロディ探偵を表示すると、保健所の台所に行ってきました. コックはすでに朝食を準備していた. 私は冷たい鶏のいくつかの作品を発見した, por los que paseaban algunas hormigas. Lo limpié y me lo llevé. A la cocinera le pareció gracioso que la chica blanca cogiera comida, así que anotó mentalmente que debería comentárselo a sus padres cuando fuera a visitarles. Los chismes de la gente blanca siempre triunfaban.

Me encontraba de nuevo frente a la puerta de la consulta. Miré hacia los lados y comprobé que la esposa del leopardo no estaba. Abrí la puerta con miedo, con cuidado. Tuve que esperar a que mis ojos se acostumbraran a esa oscuridad, y entonces, entre el desastre de frascos rotos y muebles derribados, distinguí al paciente, hecho un ovillo en una esquina. Como si fuera un felino. Este levantó la cabeza y me miró. Me acerqué y dejé el pollo en el suelo. Él cogió el pollo y salió por la puerta, 静かな, 負傷した, 立派な. No pasó nada más.
Ndung’u llegó cuando yo estaba recogiendo la consulta.

ケニアで働くことは自我が毎日飲み込むと、あなたが本当に何について何も知らないと仮定が含まれ

-知っている?- 私は言った – quizá he venido arrasando con mi verdad. Pero es que esa verdad es lo único que tengo.

Cuando de verdad lo que quería decir era: qué tierno, cómo me he creído que era indispensable. !Me sentía tan engañada¡ Cuando era niña y veía las marquesinas de los autobuses plagadas de publicidad de ONG, 私は別の何かを想像. 簡単に何か. その他の英雄. Pero trabajar en ケニア supone tragarse el ego día tras día y asumir que realmente no sé nada de nada.
La semana siguiente pasé el tiempo ingresada en un hospital de ナイロビ. Los médicos dijeron que tenía cólera y malaria.

Fue entonces, sin esa verdad que arrastraba desde niña, cuando pude empezar a trabajar bien

Pero yo sabía que lo único grave que me sucedía es que había perdido mi verdad. そして、その, sin esa verdad que arrastraba desde niña, cuando pude empezar a trabajar bien. Y a aprender sin juzgar todos y cada uno de los días que paso en Kenia.

あなたは、アフリカKARIBUNIプロジェクトに関する詳細をお知りになりたい場合:HTTP://www.karibuniafrica.org/

検索:

  • Facebook
  • LinkedIn
  • Twitter
  • Meneame
  • Share

コメント (5)

コメントを書く

最新のつぶやき