ポートの飢饉: スペインはここにいた

で: ヘラルドバルトロ (テキストと写真)

それは信じられないと思われるそれ以上 400 歳 (426, 正確には), 南米大陸界にスペインの植民地を設置している. 危険なナビゲーションの数週間または数ヶ月、私は買いだめする可能性のある他の集団から分離. 場所となっていることも不思議ではそう思っていません ポートの飢饉, よりも彼らの入植者がいる飢餓で死亡したため未満でもない....

この植民地のほとんど, チャペルの遺跡, 不自然な起伏で地面は考古学者の製品が動作する可能性がありますし、 碑文シンプル記念碑 "ここはスペインだった" 最近復元. 私は場所を訪れた最初の時間を覚えて, 熱狂的な観光客のグループを率いて, 手順に従って、 チャールズ·ダーウィン その船, 神話の ビーグル, そこに停泊 1834 彼自身の深いうつ病の囚人を殺していた英語の船長の墓を訪問する.
私たちは、パタゴニアのチリの都市からスタート プンタアレナス, まだまだすべてからと思われる, そして2時間 マゼランの雄大な海峡を接し. アメリカの金とほぼ間海洋通過を強制決済するための鍵だった. スペインがない航海, 中米地峡を横断ラバによって好まペルーの金の供給. しかし、やった人は豊かなスペインの植民地を攻撃し、略奪するために太平洋が交差している英語海賊海峡を使用していた. この植民地の基礎の目的はマゼラン海峡でガードと英語の通過を防ぐためだった. そしてそれは、リアルで行われていた, しかし、…
トーマス·キャベンディッシュ, 守るために持っていたそれらの英国人の1, 破竹の勢いで植民地に出航. 上陸したと...人々はすべて死んでいたことがわかった! ポート飢饉などの場所に名前を付けることを躊躇しないでください そして今日も、その名前で知られています.

地平線を残す前に雲が別れ、私たちは遠くに見ることができるモンテ·サルミエントその, 自身ペドロサルミエント·デ·ガンボアの注文など, マゼラン海峡を守って続けて.

私の仲間の旅行者と一緒に風に圧倒さ感じた, 野生とその悲劇的な歴史の記憶. 我々はいくつかのボトルとグラスを持っていた, 生存のわずかなチャンスを持っていなかったそれらの勇敢な開拓者を覚えておく, とスペインの信じられないほどの物語を覚えている, 以上500年前, 発見, 探検と大陸を人口, "私の"大陸. "ここスペインでは、されました"を読ん, および提供する "健康スペイン!".
私は物語へのオマージュとして、私のブログのパタゴニアを発足するプエルトハンガーを選んだ, スペイン語とラテンアメリカ, 共通点がある (時々一部で拒否). このコロニーの失敗は、野生のことを話すので、しかし、私はそれを選んだ パタゴニア. 幸いにも今日、この地域は、観光客へのはるかにアクセス可能な時 サルミエント·デ·ガンボア, キングドンフェリペ市の創設者, ポート飢饉の実名.
地平線を残す前に雲が別れ、私たちは遠くに見ることができる モンテ·サルミエント その, 自身ペドロサルミエント·デ·ガンボアの注文など, マゼラン海峡を守って続けて.
プエルトハンガーこのブログを毎週になることを私の読者に説明するために後ろに残すことが、特殊性と. 交互に 一週間は、それがどこにあるかを推測しようとする皆さんのための写真を登ると何が場所について興味深いです コメントを行う (このウェブサイトを許可する). 次の週には、イメージの背後にある場所や物語を明らかに記事が表示されます. というように: 写真と次の一週間, 記事. だから、これは特にパタゴニアのブログです. 私は、あなたが参加することを招待!
健康スペイン!

Contacto@GerardoBartolome.com
ヘラルドバルトロ 旅行者兼ライターです. 彼と彼の作品の詳細については、www.gerardobartolome.comに行く

検索:

  • Facebook
  • LinkedIn
  • Twitter
  • Meneame
  • Share

コメント (23)

  • パラオ

    |

    それはとてもクールで素晴らしい物語

    回答

  • フランシスコ

    |

    その印象的な歴史であればその真実, 色flipe, とても良い

    回答

  • 唯一

    |

    Interesantisimo. 奇妙な, スペインは、彼を非難するための忘却を知る, ので遠隔地にプラークがあるということです. あなたが率先して誰か? ブログにおめでとう. それを維持する.

    回答

  • ヘラルドバルトロ

    |

    唯一:
    コメントをありがとう.
    記念碑とプラークは、初期に復元されました 2010 レースはラテンアメリカの出荷するだろうところですので、.
    私はプレートさえいなかったその前に.
    すべてにご挨拶!

    回答

  • しかし

    |

    私はこの場所を知っている , 美しいです!! . そこにいると歴史を知ることは、その後これまでのすべてのものからその場所で、その時点でこれらの人々を想像してみました , 不幸な終わりtuvo恐ろしい冒険。
    私はサルミエントが灰色の日だった見ることができなかった. これは、ティエラ·デル·フエゴ島の最高峰であり、チリ側です.
    非常に興味深いすべてのグリーティング

    回答

  • ヘラルドバルトロ

    |

    しかし:
    興味のあることを、私はうれしい. 厳密にティエラデルフエゴの最高峰は不気味マウントダーウィンです, さらに難しいことサルミエントを表示する.
    このモンテつが、2つの魅力的な物語がなく伝えるためにしていません… 別のブログのためにそれを残す, しないでください?
    南米からのご挨拶!

    回答

  • セルジオ

    |

    ジェラルド·ハロー: リオGallegosのに住んでいると頻繁にプンタアレーナに旅し、これらの場所は、歴史的な訪問. そこに作られた和解は本当に立派です, 場所と時間を考慮し. しかし、何が最も私に触れ, 旅行は、何百人もの人々を実施しています, 市や町のレイドンフェリペイエス名の間の悪い靴と半裸, 真冬に. いつでもスカートと海峡ルートの岸から見る, 私の心の中で再生された画像は、男性のグループのことです, 彼らの死への行進女性と子ども. ATTE. セルジオ

    回答

  • エールパタゴニア

    |

    素晴らしいヘラルド!!!!
    私が訪れたとき、私は場所を知って、私はそれを愛した. 物語の一部を読むことは、あなたはそれがリモートと人を寄せ付けないようにそれらの場所のために行くだろうか想像になります…. あなたは疑問に思う!!!!!
    よろしく.

    回答

  • ポーラ

    |

    ヘラルド, あなたはブログTUS図書と同じくらい興味深いものtuを祝福!!!
    よろしく

    回答

  • Maria Alejandra

    |

    ジェラルド·ハロー: あなたが言うとどんな形興味深い

    回答

  • Maria Alejandra

    |

    ジェラルド·ハロー,あなたが言う物語とどのようにもそれを伝えることは興味深い! 私は、荒涼とした沈黙を想像する…そして、これらすべての人々の悲しい運命… 相談: 私は、マゼラン海峡の地図上に場所を見つけたかったが、見つけられませんでした. マップに表示されます? 私は何の名前を見つける必要があります? おかげで、次の話を楽しみにして.
    バルセロナからのご挨拶

    回答

  • ヘラルドバルトロ

    |

    Maria Alejandra:
    など、ポート飢饉はほとんどのマップに表示されません. あなたは次のようにグーグルアース上でそれを見つけることができます “ポート飢饉”.
    ほぼすべてのマップに表示されます最寄りの場所はフエルテデブルネスです, のみ 5 キロメートルノルテ.
    我々が話しているいずれかの方法 60 プンタアレナスの南. より多くの道路の半分以上、自己のほとんど時間は舗装され.
    ありがとうございます。それでは。

    回答

  • アルバロ·デ·ラ·マーサ

    |

    その美しい物語, 知られていません. ブエノスアイレスからの旅行をすること、それは高価です?

    回答

  • ヘラルドバルトロ

    |

    アルバロ:
    反対の手はそこにそんなに高価ですが、. ブエノスアイレスからは飛行機ブエで行くことができます – サンティアゴ – PTAアレナスO PMH – Roのガリェーゴスそこプンタアレナスマイクロ.
    あなたがしなければならないのプンタアレナスに戻るプエルト飢餓にそこにツアーなどの車を雇うことである. フォートデブルネスに存在はいますが、ある 5 キロ.
    よろしく

    回答

  • グラシエラ

    |

    ヘラルドを伝えるための真実のおかげで知らなかった驚くべき物語.

    回答

  • ペドロ·バルビエリ

    |

    非常にいい話. 彼は、都市についてのイエスの名を書くために勉強していたし、私はこれを見つけた. ハモサビーチのアイデアこのサイト. ここで私は自転車でquiacaからウシュアイアへの私の旅行記を共有
    よろしく

    http://argentinaalolargo.telam.com.ar/

    回答

  • リカルド

    |

    おかげでピーター. 私たちは、あなたがウェブを好きな喜んでいる. あなたのブログにも非常に興味深い旅行です. おめでとうございます.

    回答

  • Mariano Alberto Russo

    |

    Estimado Gerardo Bartolomé, soy de Bs As, en Noviembre del 2016 pudimos conocer con mi Sra todo el Norte de la Argentina hasta la Quiaca, nos encantó su gente sus costumbres y sus paisajes, años atrás pudimos conocer Bariloche hasta el Calafate y El Chalten todos estos lugares del Sur me llamaron poderosamente la atención y en febrero del 2017 conocimos Ushuaia hermoso lugar y su gente, con una historia fascinante desde el Beagle hasta la vida, costumbres e historias de nuestros Indios Fueguinos. debo felicitarlo por sus dos libros ( La traición de Darwin y El Limite de las Mentiras) libros que a uno, le abre la cabeza e invita a investigar a través de otras historias quien fue nuestro gran Perito Francisco Pascasio Moreno y el polémico Charles Darwin, donde con su teoría de la evolución del hombre, generó en muchísima gente la comodidad de creer en algo sin haber leído a otros investigadores. ヘラルド, usted a sabido reflejar y relatar de una manera extraordinaria historias tan intensas que el mundo debe conocer. Gracias y que Dios lo Bendiga.

    回答

  • joaquin

    |

    Quizas es cosa de los marinos españoles, desde entonces hasta hoy.
    cuenta cómo lo viste.
    よろしく

    回答

  • joaquin

    |

    Ese comentario iba para Sole, y para agradcer a Gerardo.
    よろしく.

    回答

  • Gerardo Bartolome

    |

    マリアーノ: Con cierto retraso agradezco sus palabras.
    よろしく!

    回答

コメントを書く

最新のつぶやき