Tierra de Brujas, de Maria Ferreira. Editado en la colección editorial Viajes al Pasado
El mundo de equipaje. El primer libro de Ediciones ViajesalpasadoEl Maconde Africano de Javier Brandoli. Un libro de Ediciones Viajesalpasado

ラサタグ付きの投稿’

ルーキードライバーとのクロスヒマラヤ

で: リカルドCoarasa
A cruzar el Himalaya con un conductor novato
我々はラサを離れるとき, 彼らが何であるかを確認するために、ダッシュボード上の各ボタンをバンブル. 循環 50 km / hの, 彼らの急制動が一定であると取るすべての曲線が対向車線に侵入し, 目に見えるかどうか. それはカトマンズに私たちを導くべきであるSUVのドライバです。, 1.100 ヒマラヤを越えマイル. 私は研修生の導体と大地の中で最も危険な道路の一つで旅する. 私は興奮している.
  • Facebook
  • LinkedIn
  • Twitter
  • Meneame
  • Share
 
 

ノルブリンカ: ザ “自動車学校” デルダライ·ラマ

で: リカルドCoarasa
Norbulingka: la “autoescuela” del Dalai Lama
仏教の最高の精神的な権威の夏の宮殿, "ジュエル·パーク", ポタラの都市要塞のアンチテーゼです。. ラサの郊外にあるこの壁に囲まれた庭、現在のダライ·ラマ, テンジン·ギャツォ, その前身は、中世に停泊住む人々の驚きにヒマラヤを越えバラバラに持ってきたように、2つとドッジオースティンで運転することを学んだ.
  • Facebook
  • LinkedIn
  • Twitter
  • Meneame
  • Share

ヒマラヤ自転車またはどのようにナノ秒の自尊心を希釈する

で: リカルドCoarasa
Al Himalaya en bicicleta o cómo diluir la autoestima en un nanosegundo
我々は、エベレストベースキャンプに向かう前にラサ時間の路上で偶然出会った. リチャードは、, 一人旅ビトリア消防士. それは私たち自身のパスを行います, ザ 1.100 カトマンズのチベットの首都からキロ, しかしサイクリング. 途中で, Sishapagmaで友人を迎えるために転用される. 今日は非常に小さく感じて眠りにつく. 一部の人々は、8000としてcataplinesを持っている.
  • Facebook
  • LinkedIn
  • Twitter
  • Meneame
  • Share
 
 

ウィル: 埋葬 “天” と少年ラマスペイン語
で: リカルドCoarasa

Sera: entierros “celestiales” y el niño-lama español
僧は、上記のはったりと述べた 4.000 メートル, セラ僧院の東, 明らか素朴な石造りの家がある場所. チベット人, アカウント, 斧でそれらを引き裂くために、このような孤独な岩山に夜明けに彼らの死者を運ぶ. ハゲワシとワタリガラスは、残りを行う. 無雪の墓地の地.
  • Facebook
  • LinkedIn
  • Twitter
  • Meneame
  • Share
 

世界で最も安いメニュー
で: リカルドCoarasa (テキストと写真)

El menú más barato del mundo
チベットへの旅行や仏教の僧院は、ポートアベンチュラとドラゴンカーンに乗っているような訪問や、初めて"ルシオ"に移動し、壊れた卵を求めないではない. 徐々に高度に順応することに加えて、ヒマラヤに入る前にラサで数日の利点, それはナンセンスを行いません- チベットの首都の近くで最も重要なの3つの嘘ということです: デプン寺, 血清とGanden.
  • Facebook
  • LinkedIn
  • Twitter
  • Meneame
  • Share
 

チベットの誕生日以外の日パーティー
で: リカルドCoarasa (テキストと写真)

La fiesta de no cumpleaños del Tíbet
ラサのチベット自治区における様式の建物を祝うために中国の努力です, 先住民族のための, 不思議の国のアリスの非誕生日のような何か. 純粋なパラドックス: パーティ場所だけ風船 (中国の国旗, 山車, 堂々としたポタラ立ち向かう, スローガンはどこにでも) 吹くことなくキャンドルとケーキ.
  • Facebook
  • LinkedIn
  • Twitter
  • Meneame
  • Share
 

最新のつぶやき