DVDとブルーレイの太平洋シリーズ
世界の荷物. エディションの最初の本ViajesalpasadoアフリカMacondeハビエル・ブランドー. Ediciones Viajesalpasadoの本

古いコロンボヒヨコやポンプ

で: アレックスZurdo (テキストと写真)
から 1983 a 2009 攻撃, 自動車爆弾や自爆女の子が毎日当たり前だった. それらと一般化恐怖感. 町のすべてが逮捕された. すべてのもの? しない. En una pequeña explanada una vieja tradición se mantuvo ajena al temor y la prudencia de aquel tiempo; los domingos del Galle Green Face.
  • シェア
 
 

イグアナとカリブ海marmitako

で: アレックスZurdo (テキストと写真)
私はより多くのために戻っピルゼンへ行かなければならなかった. 皿を返すときは、ほぼ完了し、全体のヤードは、ココナッツと唐辛子のようなにおいがされている. 最後の瞬間に魚やカニを追加して、調味料を是正. 瞬間より鍋の準備ができている. "そして、イグアナと, ランディ, イグアナとRondonの... "そして、ランディはあったように, ノスタルジック, ビールをガブガブを取り, や, 斜視の, 長い、深いため息を落として.
  • シェア

86 水牛を調理する方法

で: アレックスZurdo (テキストと写真)
最初のボトルは、我々はracksi2ながらロヒトnewarisバーは靴屋や食料品店よりもずっと汚れている理由私が頼む. 何を言うべきかを知らずして日本酒の一口をすくめると取り.
  • シェア
 
 

“ガイド” ハノイの街で昼食
で: アレックスZurdo (テキストと写真)

“ガイド” ハノイの街で昼食
路上で食べることはただ "食べる"だけではありません. これは、すべての感覚の経験です. いいえ、それは、Calleソロレストランはありません, しかし階層を破る, すべてのレベルを置く, 知らない人の隣に並んで座って. それは見ての世界であると見られる.
  • シェア
 

スリランカ: 電車の中でお茶を食べる
で: アレックスZurdo (テキストと写真)

スリランカ: 電車の中でお茶を食べる
私はナッツを食べた, 2コーヒー, パイナップルを少しかじった、スパイシーなマグロは、団子とジャガイモを飲み込ん. 私は脂肪と嬉しいです. 我々は、高さを得るために継続, と森林伐採意志, 茶畑への道を与えて. 滝, 葉を集める女性, 白工場, 小さな村やヒンズー教寺院.
  • シェア
 

最新のつぶやき

つぶやきが見つかりません.