町の顔 (写真)

で: ハビエルBrandoliの (テキストと写真)
前の画像
次の画像

情報の見出し

情報コンテンツ

私はいつもの場所は人によって発見されていることを信じてきた. 先週の日曜日、私はKhayelitsaにいた, ソウェト後に南アフリカで二番目に大きな町. 私はまた、ランガとググレトゥのゲットーを訪れ. すべては私が完全に同化することができていないと思いますが起こった. ルックス, 解読不能の声, 摩擦, 臭気, 贅沢, 絶対と悲痛な貧困. 私はすぐに私の気持ちが完全に投稿を公開することを約束.

それはあなたが、私は私の以前の記事で教えてケープタウンから抜け出すことができることを理解することが困難であり、そこ, 数メートル, これらの比率の地下にぶつかる. 今では私が出会った素敵な人々にだけ教える (全く話題ない). 彼らはただ高価だ, しかし、自分自身のために話す. 各画像は理解することが複雑になった. それは、ファインダーをのぞきながら、現実はそれは全体のことだったかを見ることは困難であった.

目的, 子どもたちの写真は、特にAnselmaに専念してい.

  • シェア

コメント (1)

  • マリベル

    |

    私は戻って、多くの思い出を持って. おかげアンセルミ. ビッグキス

    回答

コメントを書く

最新のつぶやき

つぶやきが見つかりません.