“ヒマラヤのベストホテル”, アレック·ルシュール

で:

Portada de El mejor hotel del Himalaya"ヒマラヤで最高のホテル".
作成者: アレック·ルシュール.
社説: Ediciones B.
文: "チベットへの旅は、任意の休日のようではありません; を表す “経験”: 忘れることはありませんか”.
批評家はVAP。: 中国の巨人の影に皮肉や陽気な瞬間先祖ビューチベットフェージング. 著者は、ラサの高級ホテルのディレクターとして彼の経験に関する, チベットの首都で, 遅い 80. 非常に面白いと洞察力で, ルシュールが恋愛を剥奪古代の紫禁城で新鮮な日常生活を描き、遠仏教の精神性の通常の用量から. ルシュールの本は悪臭ヤクのバターのにおい, 高山病, 物品のバザーのチノパン証明, 調理momos, チャン, チベットのビール, ヒマラヤの背骨を通してねじる道路へ… 文学は、地面にある, 気取らない, シフトロンリープラネットからのデータの洪水の前に沈没することなく、チベットに旅行したいすべての人のために、非常に有用な情報.

検索:

  • シェア

コメントを書く

最新のつぶやき

つぶやきが見つかりません.