ダブリン: 私はアイルランドを愛して

で: ハビエルReverte (テキストと写真)
前の画像
次の画像

情報の見出し

情報コンテンツ

アイルランドは、あなたがそれを愛なる国です。, 多分, 地球のすべての国の最もロマンチックです。. そしてそれは彼の二つの情熱に示します。: 文学と音楽. ライターは愛されている惑星の周りの領域があります, そんなにので、創造的な作品は税金を免除されていること. 作家のために一般市民には見えない, しかし、彼は賞賛と尊敬されてい. の埋葬から ダニエルO’ コネル Glasnevin墓地 (ダブリン), 年間で 1847, 年にそのような葬儀式典で群衆とブレンダンBehanの埋葬に会ったことはありません 1964. オコンネルは、アイルランドの独立運動の父とみなされ、自然の原因で死亡していることに注意してください, Behanはほとんどの作品を残した若いアルコール作家だったと昏睡状態から死亡した (“私はするために使用されるアルコールの問題に作家ではないと言う - , ライティング問題ではなく、アルコール”). ダブリンの人々はそれらを同一の認識の両方を与えた.

非常に多くの作家を出産したことを自慢することができ、世界でも数少ない都市があります

音楽へのように, アイルランドは執拗に歌う人です。. 何千人もの彼らの伝統的な歌. と毎晩, 何百もの “パブ” 全国の, さらにアイルランド、オーストラリアでコミュニティが住んで遠い地域で, ニュージーランド, 米国…- 古いバラードが途切れることなく聞こえます: “ワイルドローバー”, “瓶のウィスキー”, “ダーティ·オールド·タウン”, “フィネガンズ·ウェイク”…, と明確な, “モリー·マローン”, 非公式な国歌の種類: “ダブリンの街で、手紙には、言う, 女の子はとても貴重な場所, 第一甘いモリーマローンに私の目を置く…”. それは、ダブリンのドックで貝を売っていると発熱で死亡した美しい魚屋の単純な話です。.

住民の数が与えられた, 私はダブリンのように多くの作家を出産したのを自慢することができ、世界のいくつかの都市があると思います. その中で最もよく知られているのリストを見てください: ジョナサン·スウィフト, ブライアン·ストーカー, ショーンO `ケーシー, ジョージ·バーナード·ショー, オスカー·ワイルド, サミュエル·ベケット, ジェイムズ·ジョイスのyウィリアムB. イェーツ. 三人はノーベル賞を受賞するに至っ (ショー, ベケットYイェーツ) と、少なくとも二人はそれに値する (ワイルドYジョイス). 印象的なアイルランドの文学、文学をカバーする給与, 初段の二つの他の作家に留意すべきである: ローレンス·スターン, 古典のトリスタン·シャンディの著者, アルスターで生まれ、現代の詩人, ヒーニー, またノーベル賞ローレル賞を受賞.

丸め曲線, 私はその壁ワイルドの顔を塗られた家を見た, ジョイスYイェーツ. 私は似たような何かが世界各地で起こることはないと思う

ライターは、アイルランドの自宅で感じている. またはので、私は彼らの領土を踏んできたすべての時間を感じた, いくつかされている. ある時に, 彼の小さな田舎道のいずれかで駆動、高速道路だけのカップルがありました- 時, 丸め曲線, 私はその壁ワイルドの顔を塗られた家を見た, ジョイスYイェーツ. 私は似たような何かが世界各地で起こることはないと思う.

ダブリンの, の祝宴の間に “ブルーム”, 開催 16 6月の名誉で毎年 “ユリシーズ” ジョイス, ダブリンの何百もの本を尊重し、小説の主人公のアイルランドの首都を通して巡礼にあるシナリオを探索する20代の服を着てい: レオポルド·ブルーム. 祭りは小説の一節を表す小劇場グループのすべての日、ダウンタウンのトラフィックカットのいくつかの街を持続させる.

ほとんどの都市で, トラフィックは、軍事パレードのためにカットされ, 宗教的な行列, スポーツマラソン, 一日自転車に専念… ダブリンは、作家であった彼女の息子、へのオマージュで終了.

  • シェア

コメント (2)

  • メアリー

    |

    何が美しいテキスト. 感謝, ザビエル, いつものように!

    回答

  • エレナ

    |

    アイルランドはAficaハビエルのようなものです…あなたの中に取得し、正確な理由がわからない, 単純に到着するとあなたが言う….このた. 私はここを参照してくださいと感じる, ここでしか私を達する, アイルランドとするときにはあなたが戻ったときに再びそれを持っているだけ残して何しておきます。.

    書き込みのためにありがとう, あなたの次に実行して行く…いつものように!!

    回答

コメントを書く

最新のつぶやき