メゾーラ: メゾーラ

で: リカルドCoarasa (テキストと写真)
前の画像
次の画像

情報の見出し

情報コンテンツ

「私たちが登っても山は変わらない」. 「変わるのは私たちです」, 書いた メスナー 彼の本の中でまさにその通りです. しかし、山が私たちに残した痕跡を超えて, 真実は、どのアセンションも同じではないということです. その場合, ピークを繰り返すことに何の意味があるのでしょうか?? サミットもあるよ, 最愛のペーニャ・オロエルやペニャラーラのような, 私がいつも戻ってくる場所、何度戻っても飽きない場所. に向かいながらそんなことを考えていました リグエロ駐車場, ウエスカのアイサ渓谷にある, ボゾ丘に到達する予定だった場所から、, エスティバ山脈を越えて, メソラの先端 (2.177 メートル). 同じパスに向かったのは、過去6か月で3回目でした。, しかし状況, どんな場合でも, それらは非常に異なっており、それぞれの歩みを異なったものにしました。.

7月初旬、私はエスティバ山脈の反対側に広がる渓谷から登った。, アラグエス・デル・プエルトのもの, リザラ避難所はビサウリン登山の通常の出発点です。 (その, 多くの年後に, 数日後にはまた上がるだろう). 1ヶ月半後, 8月末に, その機会に、 アイサ バレー, 今のような, 私は妻と子供たちを連れてボゾの丘に再び登りました, 5歳と9歳. でも今日は 28 12月, 聖なる罪のない人の日, そして一週間前に冬がやって来ました, したがって、この経験は前の 2 つとは何の関係もありません.

他のアセンションと同じものはありません. その場合, ピークを繰り返すことに何の意味があるのでしょうか??

雪が見えてきました, あまり多くはありませんが, エスティバ山脈の頂上にある, そのため、最後の瞬間にピッケルをトランクに残して杖だけを運ぶことにしました。 (動詞はランダムに選ばれない: 私は杖をついて歩くのが好きではなく、夏の散歩では膝が痛くなるので杖を持ちません。, 幸いにも, 彼らはまだ保持しています). バックパックの底で彼らは私と一緒に旅行します, はい, アイゼン2組, 12 個のポイントを備えた古典的なものと、足の甲の下に固定された 4 つだけの軽量のものがあります。.

歩き始めるのは朝の10時です. 道路の霜で運命を誘惑されないように、私たちはあまり早く起きませんでした。. 車の通行を妨げる柵の後ろ, 溝のあるアスファルトのセクションでトラックはかなり急になります (冬の雪に耐えるために, 私は推測する), 最高のレベルに達するまで、民事上または刑事上で準備運動を強いられるわずか 10 分間 サレラス保護区, それは私たちの左側にあります (石の暖炉がそれを与えてくれる).

雪が見えてきました, あまり多くはありませんが, エスティバ山脈の頂上にある, そして最後の瞬間、私はピッケルを車の中に置いていくことにした

道は谷の終点に向かって真っ直ぐ続いています, しかし、私たちはGRを右折し、石と緑と白のマークでマークされた地元の小道に沿って左に曲がりました, 最初にそこを流れる川を渡ります イグエル渓谷 そしてこことエスタロンの間の分水嶺を上っていきます, 私たちの右側に. これらの最初のステップに従って、アスペに至る旅程をたどります, 私たちはボゾの丘への方向を示す標識を残します (左) そしてマグダレナのこと (右。) そしてすぐに脱皮します, 加熱された, アウターの.

もうかなり登ってきたので、GR-11 を左手に取る時が来ました。, きれいな半斜面で, カンフランに由来し、, 私たちが登っていく道を直角に横切る, ボゾの丘へ向かう. 左側にはエスティバ山脈の丸い峰が見えます, アイサ渓谷の向こう側, 私たちの数メートル下に.

道は谷の終点に向かって真っ直ぐ続いています, でも私たちは地元の道をたどって右折しました

この最初の取り組みにより、私たちは大きな挫折をすることなく岩壁を乗り越えることができました。, すでに低いレベルにある, それは登山家の前に立っています - 雪解けの時には、 リグエロの滝– 谷の隅に着く直前に, 山に囲まれたのどかな環境. 市販 ボゾの丘 ちょうどです 200 私たちの上空の標高メートル, しかし、道が続く斜面には雪が積もっているので、右に折れて短いジグザグで渓谷を勇敢に登っていきます。. 晴れていて風もほとんどない, 急な坂道でも快適に登れます.

に 11:30 私たちは丘に到着します, 車から1時間半 (4か月前、子供たちのために2倍の費用がかかりました). これで散歩は終わります, しかし今はメソラの頂上まで進みたいと思っています. 下にリザラ避難所の屋根が見えます. 私たちの前に, フォラトンの丘と山塊 ビサウリン. 越えて, ロス・レシェリネスとアイサ渓谷を通る全ルート.

丘ではアイゼンを履いてエスティバ山脈を探索しました, 上は真っ白

私たちは〜にて 2.000 標高数メートルですでに十分な雪が積もっています. 国境を越えた後、 ボゾネックピーク (2.083 メートル) 彼の顔のためにこれ, より明確な, アイゼンを履いてエスティバ山脈の頂上を歩きます, 上は真っ白. 順調に進んでいます, 太陽の光で柔らかくなった雪を除いて, それは時々道を譲る, 歩き方が重くなる.

ここからは山頂をつないで快適に登っていきます, そして彼らの間の身長は取り返しのつかないほど失われます. 凹凸が積み重なって、, 特に周り, 何か重いものになってしまう. まずはサミット ナパザル そしてそのすぐ後に, 両側に2つの渓谷とアイサ渓谷の頂上の素晴らしい景色を楽しみます, アスペを筆頭に, すでにペトリトが見えてきました, 同じくメソラの先端へ向かう登山者の集団のシルエットを推測する場所.

順調に進んでいます, 太陽の光で柔らかくなった雪を除いて, それは時々道を譲る, 歩き方が重くなる

最後の数メートルの凹凸を避けるために、メソラ峠まで下らなければなりません, 頂上に到達することなく、坂の途中を下っていきます。 ペトリト, 帰り道には避けた、やや露出したエリア. ここから頂上までは最後の坂を残すのみだ。, 雪が積もってますが、挫折することなく上がっていきます (おそらくこのセクションでは、安全性を高めるためにピッケルを携行した方がよいでしょう。) 杖にもたれて. に 12:50 私たちは頂上にいます, そこで私たちは先行していた3人の登山者と数分間会った, ペトリトの頂上で何か食べるために下山することを好む人.

景色は素晴らしいです, 一方にはビサウリン、もう一方にはアスペがいる, 恵まれた立場のおかげで、 メゾーラ, 2 つの渓谷にまたがるとても壮観な場所ですが、人がほとんど行かない. 遠くにはペーニャ・オロエルのシルエットも描くことができます. 三人の王の表も見ることができます. 7月に来た時よりも気温が心地よくなりました. その時よりも寒くなくなり、風も少なくなりました。, 写真を撮ったり何かを食べたりするときに暖かい服装をする必要さえありません. この数分間はどんな努力をしても価値がある. ほんの数日で, すべてが雪で埋まるだろう, しかし今日、アセンションの条件は特権的になりました. それは聖なる罪のない人々からの贈り物です.

ほんの数日で, すべてが雪で埋まるだろう, しかし今日、アセンションの条件は特権的になりました

15分後、下り始めた. 今回は柔らかくなった雪の斜面を避けるためにペトリトに登りました。. エスティバ山脈を通ってボゾ丘までの逆ルートは疲れる, 雪が太陽の光でだいぶ柔らかくなったので、時々足が膝まで沈むことがあります。 (祝福されたレギンス), いくつかのセクションでは芝生に追いやられることさえあります. に 13:50, PORフィン, 丘に到着し、アイゼンに別れを告げる.

雪のない渓谷を下り、右の岩壁を越える, 標識のある道に沿って進むため、道を示す石標を見逃さないように注意する必要があります. こうすることで、帰りの長いハーフヒルクライムを回避できます。.

帰りは太陽の光で雪はだいぶ柔らかくなりましたが、, 時折, 片足が膝まで沈む

私たちのツアーでは他の誰にも会わずに, すぐに谷の頭に到着し、, すでに駐車場に続く舗装道路です, 影にカモフラージュされた氷の水たまりを踏み、そのまま板のように地面に落ちる。, 手首で打撃を止める, 幸いなことに抵抗します. 車から5分も離れていたら、怪我をするのはかなり愚かな方法だったでしょう。. 3時に私たちは駐車場にいる (実際, 車は路肩に寄せるだけだ). 道路の隣にあるアイサグリルで、いつも価値のあるジョッキビールを飲みました. 最後のビールというご褒美がなければ、登山の努力は何になるでしょうか??

  • シェア

コメントを書く