DVDとブルーレイの太平洋シリーズ
世界の荷物. エディションの最初の本ViajesalpasadoアフリカMacondeハビエル・ブランドー. Ediciones Viajesalpasadoの本

'ディエゴコボタグ付きの投稿’

旅行者の理由

で: ディエゴ·コボ (テキストと写真)
旅行は常に自分を見ないための完璧な言い訳でした, 顔を鏡に向ける. そして私は、地球の隅々から一握りの国を旅したことを意識してこれを言います, アラスカからウシュアイアへ, 南アフリカからアイバネスへ, オーストラリアからヒマラヤへ.
  • シェア
 

バスでペルー: 絶望の称賛

で: ディエゴ·コボ (テキストと写真)
最初の旅は続く必要があります 20 時間, しかし、それは 36: 最初の「丘が落ちた」–それは地滑りがあるときに彼らがペルーで言うことです–, それから別の人が落ちて夜が来た, 熱帯熱と絶望.
  • シェア
 

コンコルド: ソローを足で読む

で: ディエゴ·コボ (テキストと写真)
この静かなマサチューセッツ州の町で、私が一番傷ついた作者が; それは私を最も変えました, 育った, 脱衣, 地面から離れた (「私の雲の中の家は静かだ」, 書いた) 彼はまた服を着て私が言ったことについて話しました, 現在, 彼は目の前にいた.
  • シェア

ナンタケット: モビーディックの島に戻る

で: ディエゴ·コボ (テキストと写真)
ずっと前に行くことにした, それを知らずに, 私がモビーディックを読んだとき. 私は自分に言い聞かせた: ナンタケットに住みたい. 狭い通りや漁師たちが風を吹きながらキャンドルを燃やしている小さな木造家屋の写真を撮りました, 疲れ果てた, 火の周りに加熱.
  • シェア
 
 

ハーレム: マージョリーと一晩
で: ディエゴ·コボ (テキストと写真)

彼が初めて私の顔にドアを投げたとき. 二番目, フレンドリーな「来て」とささやいた. 3番目はピアノを愛撫し始めました. マージョリー・エリオットは仕事の時間に邪魔されたくない, 公演直前に盛り上がるようです.
  • シェア
 
 

シュガーミルズの谷: 砂糖を傷
で: ディエゴ·コボ (テキストと写真)

Este valle es el símbolo del glorioso apogeo de la industria azucarera. Situado en torno a la ciudad de Trinidad, esta inmensa planicie de más de 200 kilómetros cuadrados ya no está tapizada por campos de caña de azúcar, pero las referencias de ese pasado se mantienen vivas.
  • シェア
 

最新のつぶやき

つぶやきが見つかりません.