«Canta Irlanda», ハビエルReverte

で: リカルドCoarasa

歌うアイルランド

タイトル: 歌うアイルランド. 島のエメラルド一周旅行.

作成者: ハビエルReverte.

社説: プラザYジェーンズ.

文: 「私にとって、一人で旅行して駆動する至上の喜びです」.

批評家はVAP。: ハビエルReverteはアイルランドで借金がありました. 十年前, の 2004, 彼は本を書くつもりでエメラルドアイルからの旅しました. しかし、時には書籍, 自身が書くことはできません。. それも、アリバイを求めreverte. «Pasé demasiado tiempo en los pubs y me saldría un libro de borrachos», 私は彼の言葉を偽り表情で言ったものとアイルランドが残っていることを偽り, スペインで続きを読む旅行作家のための, 負債残高.
Reverteは、私はそれを解決しようと戻って行かなければならなかった知っていました. そして、彼がやりました, PORフィン, 夏に 2012, 8年前の彼の訪問の後. Allí maduró «Canta Irlanda», 文学と賞賛を漂わせるブック, 丸出し, 他に類をみない彼らの作家や名誉を歌うことができる国: 歌や飲酒.
待機, その後, 価値がありました. 理由はありません, Reverteに彼は酔っぱらいにブックpretextabaを行っておりません, しかし、道路のテキストは - 「私のために一人で旅行やドライブに最高の喜びです」- 文学とアイルランドの問題を抱えた歴史を通してに誰ベンチャー, 全て上記, その人と彼らの曲. そして、そのパブ, また、, それは、自分自身に忠実であること、および, 多分, 彼は矛盾していることを知っていたというアリバイの変化を追い払うします, Reverteは島に、この新しい意識の滞在を頻繁にしています. 私たちを与えます, 通過する, conversaciones impagables como la que mantiene con el dueño de un pub de Kerry al que le pregunta si cada noche se canta en el local el «Wild Colonial Boy» de «El hombre tranquilo». «¿De dónde es usted?», 男を尋ね. «De España». «¿Y canta allí todos los días «Que viva España»?, 怒りの返信バーテンダー. そして、最高のReverteが出てきます, el viajero que se ha recorrido el mundo detrás de «un impulso mítico». «Apuré la cerveza y me fuí -escribe-. 再び雨が降りました。. 私は車の中でCDを入れて、曲を検索しました: me fastidia que me pateleen los mitos».
歌うアイルランド, と言う, それは楽にあなたを歓迎本です, 無駄博学, 過去の島と太古の存在は、彼の文学的栄光: ジョイス, イェーツ, Behan, ショーズ, ワイルドや他の多くの. Reverte, 代わりに百科事典を開きます, 歌うと回想homenajea, 毎ターンで, 彼の詩. 彼の本は、雨のようなにおい, 木製のバーカウンターと濡れた草, a ese verde que es «el sagrado color de Irlanda», ビールのクリーミーなパイントを味 (キルケニー, あなたが選ぶことができる場合) ムール貝とMolleyマローン. すべてアイルランドの曲であふれことは告白する著者にあなたを取ること, 何の疑いがあった場合, あなたはアイルランドで生まれ転生したい場合. あなたはゴルフや川釣りを再生するために好きではないが、.

  • シェア

コメント (1)

  • ヨランダ

    |

    私はspofityや音楽の任意の形式で本を読んでお勧めします …..これは、ハビエルを記述する場所にアイルランドと輸送あなたを感じるの方法です
    あなたの旅に再びハビエルおかげ

    回答

コメントを書く