モザンビーク: アフリカの協力の破損のジレンマ

情報の見出し

情報コンテンツ

テキストと写真: ハビエルBrandoliの

私はマプトで私の最後の日を取得しましたように数回夜、私は、アフリカでそんなに情報協力を持っていた. スペインの大使は、いくつかのスペインの援助を満たすために彼の家での夕食に私を招待するのに十分なものだった. 私は、四、五人と会合を期待, しかし、イベント以上のまとめ 30 モザンビークにおけるスペイン人.
私をSented, 私は耳を傾け、学んだ. 協力は常にアラゴとスミアの決まり文句に陥ることは容易である凸の話題です. "今日は悪い日に私を捕まえ, これは "政治家が使用している嘘です, 私は、カタロニア語、土地のため、数年に協力して言った. "政府は選挙の武器として、この問題を利用し. 興味がない. その他, PP, "同じことをするでしょう. 同僚が私を励ましと言う: "それは難しい一日だった".
夕食, 優れた, メッセージは無愛想だったファイナルテーブル "輝かしい"の結果. 彼は、自分たちの中で議論を務め, 独自のビューを持つ各. 私はこの会議の新聞エルムンドに書いた記事を再現. 二回、私はそれが協力を伴う何かを理解するには、この記事を読んだことは興味深いことができます聞い説明することはできません. 私は記事で説明していないいくつかのコメントを斜体.
世界を制する

昨年9月マプトの郊外, モザンビークの首都, 最貧によって撮影され目が覚めた. «Las calles estaban bloqueadas, 出ることができなかった. Era una multitudinaria revuelta de gente que quería tomar la ciudad», 私はアルベルトセレッソを説明, スペイン大使館の副主任.
理由はmeticaiの上昇だった (0,02 ユーロ) 輸送の価格の. 軍と警察は機関を取り消すと脅した人々の自発的な革命の何千ものを鎮めるために断固として使わなければならなかった 0, 02 ユーロ. そこ 73 死んだ. “Nos reconocieron algunas autoridades que se temió perder el control», 説明スペイン大使のエドゥアルド·ロペス·ブスケ·ブルゴス. (すなわち, 国は約爆破することだった 0,02 ユーロ. それが何を意味するか、そしてそれが主張する人生の結果について考えてください).
モザンビークでは、国の第二以南のアフリカで、より多くのお金モロッコ後大陸スペインの協力を受けて, 50 100万 (状態と自律社会).
いくつかの年の間、世界の最貧国であったこと (ポルトガルからの独立に続く内戦の時代に) その 異常が予算を持っている, ザ 48% その予算の協力から来る. すなわち, ほとんど 1500 の 3000 国が寄贈されていると百万ドル. スペインについて貢献 2,5% 国の予算.
«Mozambique ha sido el país modelo, el lugar donde todo el mundo venía a cooperar por sus buenos resultados», バイオレットは、ドミンゲスを説明, 協力AECIDのジェネラルコーディネーター (スペインの国際協力機構). その低い経済発展, 自給自足農業に基づいて, グラフィックの例で示されています: «Hay escuelas de tracción animal para el arado, 非機械. Hay que enseñar en algunas zonas a arar con mula», ホセ·アルベルトトロンホは回想, 欧州連合代表部の一等書記官. (国の10日間の滞在では、単一の団地を見ていない, あるものの. 土地を作ることはほとんど収益事業がある. 飢餓の間に式があります, 食べ物や土地)
しかし、, 何かが間違っているアラームは、昨年急増. «最後の財務報告では国がで成長していることを発見した 7% anual y sin embargo la pobreza ha aumentado entre la población», 大使館で説明. (すべてが腐敗は、アフリカで協力する受理しなければならない部分であることを認識. 我々は最小限であるとしようとする必要があります, しかし、必然的に. 貧しい人々との豊かな国. 誰が取り?).
データが重要である: 市販 80% 4企業のための国の輸出アカウントの; 国で最も裕福な男が社長です, エミリオアルマンドGuebuza, 生産のほぼすべての分野で企業と起業家. «Los mozambiqueños tienen que quejarse menos y trabajar más», 私は彼が新聞に彼の同胞に言ったことを読んで, 彼は空港に向かう途中にあったとき. (彼の神秘的なフレーズのもう一つの私は、彼が一点で語っているテレビの人々へのスピーチで言われました. "私の仲間の起業家は理解しなければならない..."彼は私が言わなかった私に言った高いオフィス "もっと言っても必要性を。").
これはされて何度目かの協力モデルを見直しにつながっている. «Lo fácil es hacer escuelas que consigan que en cada clase haya 60 子供の代わりに 75, pero no tengo claro que ese sea el mejor camino», スペインの大使は述べています. «Creo que aquí se podría apostar por el turismo. Mozambique puede ser el nuevo Cancún de África», と言う, «una forma de conseguir que haya movimiento económico». (100の学校が完了したという報告をスペインに送信すると、何かが完了したと信じるようになります, そのお金が引かれていません, ではなく解決策, エドゥアルドは説明した).
それは困難な環境でのアイデアです. «La cooperación de los países del norte de Europa aprieta mucho. ほぼそれが支配するべきか政府に伝え. 地中海諸国は、より密接に一緒に彼らと仕事, entendiendo que ellos tienen que decidir también», バイオレット説明. «Es sorprendente ver llegar a algunas personas y ponerse a dar órdenes de cómo hacer las cosas sin entender nada de la gente con la que están hablando», イエスペレス氏は述べています, 9歳であるスペイン人が協力して取り組んで 国の北部に, ペンバ島.
昨年, 選挙後, そこに北欧諸国から資金を引き出すの脅威はすでにあったが、いくつかのことを変更. 外国のお金で公共サービスへのアクセスのみであり、数千人のために有罪判決. «Este mes se inauguró un nuevo mercado de abastos en Maputo que fue construido íntegramente con dinero de la cooperación española. メイヤー, FRELIMOメンバー (国全体を制御与党), オープニングで彼の国民に語った: ときフレリーモ約束, Frelimo cumple».
それは危険です; ドナーとして, 誰かが彼らの正当な動作します知っている平凡の種類は、それらを推進する. «En el sector médico eso está pasando. Hay una relajación total a la espera de que seamos nosotros los que realicemos el trabajo», 医師グループは、スペインの支援を語る.
将来についてはどう? すべてそれらは素晴らしい試合​​分析でこの新聞で相談: «Ojalá no se encuentren las enormes bolsas de petróleo que se cree que puede haber en el norte del país. Sería una condena para ellos de corrupción como la que ha ocurrido en Angola». その他新たな基本民主再生を指す. «Es complicado explicar que aquí nadie paga impuestos directos», トロンホのコメント. すなわち, モザンビークでは誰もが非常に大富豪が所得税を支払っていない, 彼らの国で支払う外国納税者のユーロの国の何百万人に入っている間.
国の将来の協力モデルは空気中です. «Yo soy optimista y creo que con dificultades se está avanzando mucho», バイオレットは言う. «Hay cosas que mejorar, しかし、すべての努力, 彼らはまた、含まれている, es evidente», コー​​ディネーターはAECID信じて. 移動は、非難され.
«Las instituciones funcionan razonablemente bien», 大使館は言う. 質問は、支持機構を向上させる方法であるので、. お答えすることは困難. «ザンベジEUの口渡る有名な橋はなかった. 国は国の残りの部分への参加を許可された接続. ほとんど誰もがそれを使用しません, hay muy poco tráfico», トロンホを説明. ないトラフィックブリッジなし, トラフィックなしでは、ブリッジを必要としない. やった鶏が先か卵が先か?

 

最後にもう一つの思考
私は一般的に協力にいくつかの国では腐敗の問題を文脈とアフリカはルールなしで独立した世界ではないことを信じるように、おそらく最初の人が住んでいた話を教えてくれます. (確かにいつもそのように言っても私は、カテゴリのステートメントを作成する対象を知っている声ではないです. 私はいくつかの場所で最初の人に私が住んでいるのかカウントしたり、住んでいた). エクアドルで, 年来, 私はプレス旅行や協力でジャーナリストだった. ある朝、朝食時に私が個人的にプロジェクトに多くのお金を寄付しました女性に会った, 制度的だった. viが落胆し、何が間違っている尋ね? 問題数ターン後私に指示: "私はちょうどあなたが支払わなければならないことを学んだ 6.000 プロジェクトを行うことができるように、地区の責任者にユーロ. 私は引退と思ってい, 私はこれらの破損に不本意午前. 何が起こるかは、私がプロジェクトに大規模な資金調達をオフに行けばということです. 私は "ぞっとしています...最終的にはプロジェクトがとどまったと先に行ってきました, 汚職と.

  • シェア

コメント (4)

コメントを書く